永代供養のシステムの特徴

永代供養のシステムの特徴

お墓参りをしてくれる人がいなかったり、お墓参りに行けなかったりする人に代わって、
お寺や霊園などの施設が供養や管理をしてくれる埋葬システムが永代供養です。
「永代」と言いますが、これは未来永劫ではありません。遺骨を安置するのは一定の年月が定められています。
 
多いのは33回忌までです。
ですが、これも規則や法律があるわけではありません。お寺や霊園によっては、17回忌・33回忌・50回忌だったり、相談できたりします。
契約をする前にキチンと確認しておきましょう。
 
もっとも気になるのは、契約期限が満了したあとの遺骨の行方です。
多いのは合祀(ごうし)されて、他の人たちの遺骨と一緒に永代供養墓(えいたいくようぼ)で供養されます。
こちらの方もルールがあるわけではありません。遺骨を土に埋葬するケースもありますし、遺骨の一部分だけをピックアップして骨壺に入れ、
残りの遺骨を土に埋葬する方法もあります。これ以外には納骨堂で供養される場合もあります。
 
では、永代供養の4つの特徴をまとめておきましょう。
 
1番目は「費用がリーズナブルであること」です。
お寺や霊園などの施設の使用方法や納骨方法で料金はいろいろです。
しかし、墓石を建てることはありません。その分の料金はかかりませんし、お墓の土地代である永代使用料も不要。
費用をかなり抑えることができます。
 
2番目は「宗旨宗派の制限がないこと」です。
一般的に宗旨宗派が問われないケースが多いですが、寺院の場合は檀家になることが条件になっていたりします。
事前に確認するようにしましょう。供養は管理者の収支宗派に沿って実施されます。
 
3番目は「後継者の必要がないこと」です。
お墓の承継者・跡継ぎがいなかったり、お子さまがいなかったり、一人娘が嫁いでしまったり、親族の付き合いがなかったりしても大丈夫。
お寺や霊園などが永代に遺骨を管理・供養してくれますが、半永久的ではなくて、一般的には33回忌まで遺骨は個別に管理されて、その後に合祀されます。
これもいろいろなパターンがあります。
 
4番目は「お布施や寄付金などが要らないこと」です。
普通のお墓を作った場合は、「墓地管理費」が必要になります。
しかし、永代供養をする場合は料金を支払えば、管理費用・お布施・寄付金が要りません。
生前に契約をする場合は、納骨するまでの期間に年間管理費が必要になる場合もあります。

納骨堂

永代供養

納骨

合同墓

墓処分